クラフト

マスキングテープでロゼット 簡単にきれいに作れるアイデア

マスキングテープで作ったロゼット Washi tape rosette

この記事では、『マスキングテープでロゼットを作ってみたけど、結構大変・・・』と思った経験から、簡単にきれいに作るために考えた工夫をご紹介しています!

こんにちは、たすほです。

最近の100均では、かわいいマスキングテープたくさん売っていますよね。
ついつい買いこんでしまっていないですか?

私もいくつもたまっていたので、ロゼットを作ってみました。
ネットで探してみるといくつか作り方がありますね。

今回作ったのは、このバージョンです。

シンプルなクラフト紙の紙袋の可愛いポイントに使えます。

 

作り方は、

  1. こういった形のパーツを必要な数分だけ作る
  2. 放射線状に並べる

とシンプルなんです。

ですが、見栄えをよくするためには、

  • パーツを同じ長さに作る
  • きれいに円形に並べる

必要がありました。

同じ長さにしたり、きれいに並べるのが結構大変!
試行錯誤した結果、簡単にきれいにできる方法を考えたのでご紹介したいと思います。

最初のテンプレートの準備がちょっと大変と思うかもしれませんが、1回やってしまえばあとは繰り返し使えます。
プリントアウトして使えるテンプレートも用意していますので、よかったら使ってくださいね。

 

材料

  • A4の白い紙
  • クリアファイル
  • マスキングテープ(1.5cm幅)
  • はさみ
  • ホッチキス
  • 厚紙
  • シール

 

テンプレートを自作する場合、以下のものもご用意ください

  • 定規
  • ペン

コンパスと分度器もあると作りやすいですが、わざわざ購入するほどでもないかと思います。

 

作り方

テンプレート作成

まず、白い紙に線を引いてテンプレートを作ります。

完成図はこのような形です。

作り方をご説明していきますね。

  1. 左から、0.5cm、0.5cm、3cm、4cm、2cm、0.5cm、0.5cm、5cm、6cmの間隔を空けて16cmくらいの線を縦に10本引きます。(点線にしている箇所もありますが、全部普通の線で構いません)
    左の5本は直径5cmのロゼット用(小パーツ)、右の5本は直径7cmのロゼット用(大パーツ)です。
  2. あとでわかりやすいように、10本の線には左から2、5、1、4、3、2、5、1、4、3と番号を振っておきます。
  3. 2cm間隔で横線を引いておきます。9本引きます。
  4. 中心を揃えて、直径5cmと7cmの円を2組描き、放射線を3本、4本引きます。

ここはちょっと面倒かもしれませんが、1回作ってしまえばずっと使えるのでちょっと頑張ってみてください!

手順4で丸と放射線を書く場合、コンパスと分度器があると正確にできますが、同じくらいの大きさのコップなどを使って丸を書き、放射線はだいたいでも構いません。

一枚に収めたかったので、丸を線と重ねて書いていますが、見にくいようでしたら別の紙に書いても。

 

100円ママ作成のテンプレートを使用する

テンプレートも作ってみました。
よかったらプリントアウトして使ってくださいね。

【マスキングテープでロゼット テンプレート】

 

パーツ作成

マスキングテープでパーツを作っていきます

  1. テンプレートをクリアファイルに入れます。
  2. 1の線の上にマスキングテープを左向きに貼ります。
  3. 2まで伸ばしたら折り返します。
  4. 3まで伸ばし、3の線の部分でマスキングテープを切ります。2の部分が動かないよう軽く押さえながら伸ばしていってください。
  5. 4の線の上で折り返して、きれいに重ねていきます。3で切った端は、2の線の上で合わさるはずです。
  6. クリアファイルに貼ってある部分を5の線まではがします。粘着面が0.5cm分上に出ます。
  7. 右端を5の線の上に重ね、出ていた接着面でくっつけます
  8. パーツのできあがりです。必要な個数分同様に作ります。

大パーツを作る場合は、右側の5本の線を使って同じように作ってください。

 

テールの作成

テール(下の垂れさがる部分)もテンプレートを使って作っていきます。

  1. 小パーツの前半部分は同様にして、右に伸ばす距離を長くして大パーツの4 で切ります。
  2. 小パーツの3で折り返します。
  3. もう1本同様に作ります。

 

組み立て

組み立てにはテンプレートの円を使っていきます。

  1. 放射線に沿って並べていきます。小パーツは内側の円に合わせて、大パーツは外側の円に合わせていきます。中心を合わせるというより、パーツの外側が円形に並ぶようにします。
     
  2. バランスを見ながらテールを貼り付けます
  3. テールの先に切り込みを入れます。
  4. マスキングテープの粘着力だけでは、心配なので中央をホッチキスでとめておきます。
  5. 中央にシールを貼って完成です。シールをそのまま貼るとデコボコして気になる場合は、一回り小さく切った厚紙をはさむとキレイにできます。

 

テンプレートを使ってできるパターン

サイズとパーツ数それぞれ2種類あるので、テンプレートを使って4パターンできます。

  • 小パーツだけ or 小パーツと大パーツ両方
  • パーツを6つ or パーツを8つ

それぞれを作ってみるとこうなります。

左から

小パーツのみ x パーツ6つ

小パーツのみ x パーツ8つ

小パーツと大パーツ x パーツ8つ

小パーツと大パーツ x パーツ6つ

という組み合わせです。

お好みで作ってみてください。

 

ロゼットの色・柄合わせ

小パーツだけで作る場合は1色でいいですが、大パーツも一緒に使って二重にする場合は2種類使いがお勧めです。

その場合の1つは柄もの、もう1種類は柄から1色取った無地のものだとまとまりがよくなります。

 

まとめ

マスキングテープでロゼットを簡単にきれいに作る方法をご紹介しました。
テンプレートをクリアファイルに入れて使うことで、大きさを揃えて作ることが簡単になりますよ。

最近の100均には可愛いマスキングテープがたくさんあるのでついつい買いこんでしまっていました。
なかなか上手に使えずため込んでしまっていたので、ロゼットなら有効活用できますね。

ラッピングのかわいいアクセントになるので、ぜひぜひお試しください!

 

-クラフト
-,

Copyright© 100円ママ〜便利で楽しく使えるおすすめ100均グッズ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.